イギリス

【旅行記120】オアシスとビートルズゆかりの地巡り | Abbey Road | チェコ美人の正体【イギリス18】

エディンバラで知り合ったチェコ人旅行者のゾラとバスを乗り継ぎ一気にロンドンへ戻ってきました。

[ゾラ]

イギリス旅行も残すところあと4日。

今回はオアシスとビートルズのゆかりの地へ足を運びます。

そしてその日の夜,事件が起きます。

前回

【旅行記119】さらばエディンバラ!チェコ美女と共にロンドンを目指す 【イギリス17】エディンバラにて膝がぶっ壊れてしまった私は、身動きが取れないので沈没決定。 待たせるわけにはいかないので、約2週間生活を共にした竜...

オアシスのアルバムジャケットの場所


(What’s The Story) Morning Glory? (Remastered) (Delux)

Morning Glory

リヴァプール、マンチェスターの話【旅行記111】や【旅行記113】などで、UKロックの事を書いていますが、私はイギリスの音楽がめちゃめちゃ好きです。

ビートルズがどうのこうの、マンチェスターのシーンがどうのこうのごちゃごちゃ書き殴っておりますが、なんだかんだで一番好きなのはオアシスかも知れません。

そんなオアシスの世界的に人気な超名盤、2ndにして集大成とも言われた1995年伝説のアルバム

(What’s the Story ? )Morning Glory ? “

と言うものがあります。

もちろん私も大好物でありまして、おそらく5万回は聴いたかと思います。

このアルバムのジャケット写真の場所がロンドンにあるので見に行ってきました。

Soho Berwick St – バーウィック ストリート

それはもうめちゃめちゃ好きなんですが,ゆかりの地というものはそう多くはありません。

ニューヨーク旅行でちょっと紹介したロックフェラーセンターのTop Of The Rockからの景色が4thアルバム“Standing on the Shoulder of Giants”のジャケットに使われている所もその1つであります。

View this post on Instagram

 

#2014 #newyork

SHINさん(@shinstagra.mo)がシェアした投稿 –

▲のインスタの2枚目,夜景の方の写真,こちらはOasisのアルバムジャケットになっている場所です。

Standing on the Shoulder of Giants [12 inch Analog]

上記で紹介した

(What’s the Story ? )Morning Glory ? “

の写真の場所はロンドンのど真ん中のSohoエリアにあります。

メインストリートのオックスフォードストリートからバーウィックストリートに入って,ひとつめの十字路あたりから写真を撮ると完璧です。

人が多いと嫌なので,朝7時くらいに行きました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ついに発見!わかる人にはわかるこの場所。 #BerwickStreet #Oasis #MorningGlory

SHINさん(@shinstagra.mo)がシェアした投稿 –

おしんぽこ
おしんぽこ
ろ…路駐!


(What’s The Story) Morning Glory? (Remastered) (Delux)

Abbey Road – アビーロード


Abbey Road (Remastered)

ビートルズのアルバムジャケット

これは超有名なビートルズのアルバムですね。

以前ロンドンにいた時はここに来るのを完全に忘れていたので、今回はゾラさんと一緒にこの横断歩道へ行く事にしました。

ビートルズと言えばそのほとんどの曲がジョン・レノンかポール・マッカートニーによって作曲され歌われていますが,このアルバムで一番いい曲は(個人的に)間違いなく

ジョージ・ハリスンが歌う“Here Comes The Sun”でしょう。

Abbey Road Studios

ロンドンの北部にあるレコーディングスタジオです。

もともとはEMI Recording Studios という名前でしたが、ビートルズのアルバム「Abbey Road」が発表されたあとからAbbey Road Studiosと呼ばれる様になりました。

そもそもAbbey Roadとは何かと言うと、Abbey Road Studiosの目の前の道の名前です。

その道(アビーロード)の前にあるスタジオでアルバムを録音したので、ビートルズがそのアルバムをアビーロードと名付けて、

そのビートルズのアルバムにあやかって、録音されたそのスタジオがアビーロードと呼ばれるようになったのであります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SHINさん(@shinstagra.mo)がシェアした投稿

Abbey Road への行き方

超簡単です。

地下鉄Jubilee Line St. John’s wood で降りたら西に歩いて5分程で着きます。

本当に何でもない細い道にある何でもない横断歩道なので見落とすかも?と思っていましたが、現地は常に大量のビートルズファンでごった返しているので直ぐに分かるはずです。

ハンパじゃない交通量と観光客でなかなか写真を撮るタイミングがありません。

▼そしてこちらが隙をみてゾラに撮ってもらった私

逆向きですわ。

愛の告白

 

この日はゾラを完全に私の趣味に付き合わせてしまったのですが,嫌な顔ひとつせず,むしろ1日中楽しんでいるように見えました。

エディンバラで知り合い,ロンドンまで共に移動しかなり仲良くなっています。

特に長距離バスの中で一気に距離が縮まったように感じました。

【旅行記119】さらばエディンバラ!チェコ美女と共にロンドンを目指す 【イギリス17】エディンバラにて膝がぶっ壊れてしまった私は、身動きが取れないので沈没決定。 待たせるわけにはいかないので、約2週間生活を共にした竜...

美人でスタイルも良くておしゃれなチェコ人25才。

なのに気取っておらず,親しみやすい雰囲気であります。

ちょっと下手な英語と,若干アホなところと,酔った時にもうちょっとだけアホになる所が可愛すぎるのです。

エディンバラではそんな彼女が膝が痛くて歩けない私のためにずっとお世話をしてくれていました。

【旅行記118】膝痛い問題により帰国を決意|エディンバラで新たな旅の相棒現る?【イギリス16】アーサーの王座という丘を登ったエディンバラ最終日。 標高250mの丘といえど,その過酷さはもはや登山に近いものがあ...

さらに照れながら

お礼はいいから一緒にロンドンまで旅行して?

という可愛すぎる提案を持ちかけられた私は

完全にゾラさんに惚れてしまったのであります。


しかし!

このブログ名物”女心は難しいシリーズ”で,私は散々お恥ずかしい目に合っているので,気をつけなければなりません。

【旅行記1】女心は難しい-part1|3日間の車移動。そしてついに出国!【日本6】2013年7月,26歳にしてついに初めての海外。 ドキドキとワクワクよりも, と言う気持ちが強かったんです。 ...
【旅行記101】女心は難しいpart2 |初めての名古屋でお恥ずかしい目に!?【日本12】1年3ヵ月になるカナダのワーホリが終わり、帰国して早1ヵ月が経とうとしています。 今回の帰国の目的は ・日本のご飯を食べる ・免許...
【旅行記102】女心は難しいpart3 | 青春したのでぼちぼちイギリスに行きます【日本13】カナダから帰国し、日本旅行も残すところあと4日。 はじめて名古屋に行ったのですが、メガネ女に誘惑されまんまと引っかかり心に深い傷を負い...

ここで安易に

おしんぽこ
おしんぽこ
ゾラさん私と付き合ってください

などと言おうものなら間違いなく心に深い傷を負うことでしょう。


ところが密かに思いを寄せていたのは私だけではなかったようです。

この日の夜,Abbey Roadから宿に戻り,二人でロビーでビールを飲んでいたところ急にゾラが顔を赤らめ私の手を握ってきました

おしんぽこ
おしんぽこ
こ…これは…!?

エディンバラからのバス移動のあたりからボディタッチが多くなってきていたのは気づいておりましたが,ここまで積極的なのは初めてであります。

ゾラ
ゾラ
Shin…

今日はひとつ大事な事を…

あなたに…言いたいの…

これはもしかして愛の告白じゃないですか!?

これまでのゾラの私に対する態度や発言から,ゾラは私の事が好きなんじゃないかと思っていました。

しかし私の経験上それは勘違いだと言い聞かせておかないと,万が一違った時に大恥をかいてしまうのであります。

でも手握られてるし,顔赤いしこれは間違い無いんじゃないか?

と混乱しまくりの私ですが,

ゾラはついに言ってしまったのであります!

ゾラ
ゾラ
私は…

あなたが…とっても好きなの…

おしんぽこ
おしんぽこ
!!!!!

やっぱり!!

私は心臓のドキドキが止まりません!

そしてゾラに至っては顔面真っ赤で涙ぐんでいます。

大人になってこんな甘酸っぱい気持ちになることなんてなかなかありません。

しかし,自体は急変します。

今にでも泣きそうだったゾラの目から,ついにボロッと大粒の涙がこぼれた時に,私は言いました。

おしんぽこ
おしんぽこ
そんなに泣くほど緊張していたんだね

悲しいことがあったわけじゃ無いんだから泣かないでよ

ゾラ
ゾラ
うん違うの

私は悲しくて泣いてる

おしんぽこ
おしんぽこ
ゾラ
ゾラ
私はあなたが好きだけど,あなたはきっと私を好きじゃない
おしんぽこ
おしんぽこ
え!?そんなことないっす!

そしてゾラの口から衝撃の一言が…!!

 

 

 

ゾラ
ゾラ
驚かないでね?

私は男なの…

おしんぽこ
おしんぽこ
…!!??

なんということでしょう。

私が惚れまくっていたこの超絶美人さんは男だったのです。

おしんぽこ
おしんぽこ
え〜っと…トランスジェンダーってやつですか?
ゾラ
ゾラ
そう,付いてる
おしんぽこ
おしんぽこ
付いてる…
ゾラ
ゾラ
有る
おしんぽこ
おしんぽこ
有るのか…
ゾラ
ゾラ
でも心は女なの
おしんぽこ
おしんぽこ
気づきませんでした

非常に不適切な表現で申し訳ございませんが,彼女は

おちんぽこ有る系女子

だったのであります。

おしんぽこ
おしんぽこ
そんなバカな…

あまりにも私が驚きすぎて,ゾラは泣くのをやめて逆に笑い出してしまいましたが,私はまだまだ驚きが止まりません。

ゾラ
ゾラ
ごめんね…今になって…でもなかなか言えなかったの

確かに思い当たる節はいくつかあります。

思い当たる節1  声が低い

ほぼ気にならないほどに彼女の声は女性のものです。

ただかなり酒焼けしたような超ハスキーボイスだったので,この告白を聞いた後に納得しました。

思い当たる節2  おっぱいがない

あまりおっぱいの事を言うと女性陣から反感を買うのですが,言われてみれば膨らみがほぼないです。

しかし小さいおっぱい好きの私は全く気にしていなかったのであります。

思い当たる節3  おけつが小さい

と言ってもかなりセクシーです。

まさか男だなんて思いもしませんでした。

思い当たる節4  手がゴツい

会話中ずっと手を握っていて,ドキドキしっぱなしでしたが,そんな中私は少し彼女の手に違和感を覚えたのです。

おしんぽこ
おしんぽこ
ちょっとゴツいな…

手はやっぱり男でした。

でもそれくらいで気付くはずもないんですよ!!


全てを告白してスッキリしたのか,

さっきまで泣いていたのが嘘のようにゾラはいつものように元気になりました。

そして聞いてもいないのに自分の体についてガンガン教えてくれたのです。

ゾラ
ゾラ
女性ホルモンを打ちまくってるから胸はちょっと有るんだよ

お尻はヒアルロン酸

肋骨を数本抜いて細くしてる

声は幼少期から女の子の練習してたの

他にも色々工事してるよ

身長も低く,骨格もかなり華奢なので全く気づかなかったし,今こうして告白されてもまだ疑い深いほどです。

しかしその現実を私はなかなか受け止めることができず,呆然としてしまいました。

今まで味わったことの無い気持ちであります。

ゾラ
ゾラ
明日,私あなたと別れようかな

ずっと一緒にいたら悲しいよ

ごめんね

だから今日は楽しく飲もう!

そうだね!とも言えないし,行かないで!とも言えません。

結局この日は当たり障りもない会話だけをして早く寝ることにしたのであります。


そして次の日の朝7時。

我々の部屋は6人シェアルームです。

そのうちの1つの2段ベッドの下でゾラが寝て,上で私が寝ていたのですが,

目を冷ますと彼女はもういませんでした。

おしんぽこ
おしんぽこ
……

ゾラが男だろうがなんだうが完全に彼女に恋していたため,こうやっていきなりいなくなると寂しすぎるものです。

エディンバラで知り合ってからこの日まで1週間,毎日常に一緒にいました。

なので連絡先も一切知りません。

つまりもう二度と会うことはできないのであります。

寝ボケながらゾラがいないことに気づいた時,彼女といたこの1週間が夢だったかのような錯覚におちいり,私は再びベッドに倒れ込んだのでした。

おしんぽこ
おしんぽこ
なんか泣ける…

前回

【旅行記119】さらばエディンバラ!チェコ美女と共にロンドンを目指す 【イギリス17】エディンバラにて膝がぶっ壊れてしまった私は、身動きが取れないので沈没決定。 待たせるわけにはいかないので、約2週間生活を共にした竜...

次回▼

【旅行記121】今さらロンドン街歩きCamden Town, Shoreditch【イギリス19】スコットランドのエディンバラで知り合ったチェコ人のゾラと二人でロンドンまで来ました。 ビートルズやオアシスゆかりの地を2人で巡り,...
RELATED POST