イギリス

【旅行記121】今さらロンドン街歩きCamden Town, Shoreditch【イギリス19】

スコットランドのエディンバラで知り合ったチェコ人のゾラと二人でロンドンまで来ました。

[ゾラ]

ビートルズやオアシスゆかりの地を2人で巡り,相変わらず仲がいい我々でしたが,自体は急変!

泣きながらゾラに告白されたのです。

男だと!

なんとこの美女はおちんぽこが付いてる紛れもない男子だったのです。

そうとは知らず私は距離が縮まる度に喜び,彼女が笑う度に幸せな気持ちになっていました。

そして今さら“私は男だ”と言われても実感が湧くわけもなく,私はまだガンガン彼女に恋をしていたのであります。

しかしその次の日の早朝,彼女は何も言わず消えてしまい,なんとも言えない虚無感と毛布にぐるぐる巻きになったまま眠りにつくのでした。

イギリス旅行も残すところあと3日。

終盤です。

今日は一人でロンドンを歩きます。

前回▼

【旅行記120】オアシスとビートルズゆかりの地巡り | Abbey Road | チェコ美人の正体【イギリス18】エディンバラで知り合ったチェコ人旅行者のゾラとバスを乗り継ぎ一気にロンドンへ戻ってきました。 イギリス旅行も残すところあと4日...

Camden Town – カムデンタウン

ゾラと一緒に泊まっていた宿はKings Cross駅の近くで立地がいい場所でしたが,ゾラがいない今,彼女(彼)との思い出の地にいるだけで気分が滅入るので,ほぼ移動する意味がないくらいの距離の宿に移動することにしました。

場所はカムデンタウンのSmart Camden Innという宿です。

4人部屋でしたが宿泊者は私一人というかなりラッキーな状況であります。

ここCamden Townは原宿みたいな場所で,若者でごった返しています。

服や雑貨が好きな人ににはおすすめです。

この5つのマーケットを合わせてカムデンマーケットと言います。

  • Camden Lock Market
  • Stables Market
  • Camden Lock Village (2015年に閉鎖)
  • Buck Street Market (通称The Camden Market)
  • Inverness Street Market

▼一番人気のカムデンロック

メイン通りのハイストリートはどこかで見たことあるようなお土産屋みたいなのばっかりですが,マーケットの奥深くまで入って行くと,かなりマニアックなものも売っています。

私はあまりお金を使いたくなかったのと,ゾラを失い傷心だったので一人で1時間ほど歩き宿に戻りました。


5月と言ってもまだまだ寒いロンドンですが,この日はかなり天気が良くてたったの1時間の街歩きでも結構汗をかいてしまいました。

シャワーを浴びようと思ったのですが,室内にシャワーがある部屋だったので非常に便利なのですが,脱衣所的なものは有りません。

ただこの4人部屋に泊まっているのは私ひとりなので気にすることはないでしょう。

すっぽんぽんでシャワー室へ向かったのです。

しかしこの安易な考えが不測の事態をもたらしたのであります。


おしんぽこ
おしんぽこ
んんん?誰か来た?

なんと私がシャワーを浴びている間に3人の女性グループがチェックインしてきたのであります。

仲の良さそうな3人組の女性の声が聞こえます。

“なにこの部屋くっさ〜い”

“てか誰かいるよね?”

“どうでも良いけどシャワー浴びたいんだけど”

▼シャワー室内

これはかなり気まずい状況!

シャワーを浴びたいとおっしゃっている方がいらっしゃるので,早く交替してあげたいのですが,そういう訳にもいきません。

なぜならここには脱衣所のようなものは無く,タオルはシャワー室の外に置いてあるのです。

中にもタオルを引っ掛けられるようになってはいたのですが,シャワー室内はかなり狭いため水濡れを懸念した私はタオルを外に置いていたのであります。

さらに!!

まさかこれから人がチェックインして来るなどと思って居なかった私は,

すっぽん&ぽん状態

でシャワー室に入っていたため,着替えなどはバックパックの中なのであります。

おしんぽこ
おしんぽこ
どうしよう!出られない!

もしこのままシャワー室の扉を開けて服を着ようとした場合,間違いなくおしんぽこのおちんぽこを公開する事になってしまうのでどうにも動けない状況なのです。

しかも相手は早くシャワー浴びたい女子軍団。

早く出ないと迷惑になるし,出たら出たで出ちゃいかんやつも出てしまってセクハラになってしまいます。

おしんぽこ
おしんぽこ
よし,しょうがない…

出て行ってもらおう

ガラガラっ!!

女子1
女子1
!?
女子2
女子2
!?
女子3
女子3
!?

私はドアを半分開け,顔だけ出して無理矢理なお願いをしてみたのです。

おしんぽこ
おしんぽこ
あのースンマヘン

誰もこないと思っていたので,私全裸なんですよ

申し訳ないのですが1分だけ外に出ててもらえないでしょうか…

女子1
女子1
Oh…sure
女子2
女子2
ふふふ…
女子3
女子3
OK!クックック(笑)

初対面全裸は生まれて初めてでしたが,快く了承してもらい,なんとか恥ずかしい思いをせずに済んだのでした。

と思いきや,知らないうちに恥ずかしい思いはしっかりしていたようです。

シャワー室のドアは磨りガラス風で,若干透けています。

女性陣が笑っていたのはそのせいでしょう。

Shoreditch – ショーディッチ

ロンドンのおしゃれエリア

次の日、私はショーディッチというエリアに足を運びました。

カナダのワーホリ生活中に知り合ったイギリス入国のプロ・ナオミさんという人がいます。

【イミグレ】世界一厳しい?イギリス入国審査へ向けての対策案13個徹底解説【UK】私はこれまで4回イギリスに入国しています。 また今回登場するのは私の旅先で知り合ったイギリスの入国審査についてお詳しいこの3人。 本...

そんなイギリスに何度も行った事のある彼女が

ナオミさん
ナオミさん
ショーディッチ!

イけてるわよ!

と言っていたのを思い出したのであります。

という事でひとりで行ってみました。

おしゃれなセレクトショップや飲食店が立ち並び,チェーン店だらけのロンドン中心部とは一線を画する雰囲気のショーディッチは,東京で言う所の渋谷周辺のような雰囲気であります。

おしんぽこ
おしんぽこ
福岡で言う所の大名ですね

そこら中ストリートアートだらけで歩いているだけでも面白いです。

ここショーディッチは東ロンドンに位置していて,その昔は夜中の一人歩きなど危なすぎて考えられない程に治安が悪かったらしいです。

現在は開発が進みかなり安全になっていますが,裏路地なんかを歩くとその名残をガンガン感じることができます。

いつまでもロックンローラーじゃいられない

いろんなお店が入っている古びたビルの中に小さなスーツ屋があったのでちょっとだけのぞいてみました。

すると中にいたイギリス人すぎる店員の兄ちゃんに声を掛けられました。

蝶ネクタイ
蝶ネクタイ
Hello May I help you ?

おしんぽこ
おしんぽこ
いや~ただ通りかかっただけです

す、すんまへん

かなり場違いな所に来てしまいました。

恐らくここはオーダーメイド専門のスーツの仕立て屋。

めちゃめちゃ高いスーツを作っている場所なんでしょう。

私の様な髪ボサボサで汚い格好をしたアジア人が入る様な場所ではありません。

しかし、なぜこんな私がこの様なフォーマル全開な店に入ったかと言いますと、イギリスに来てシャツ+ジャケットスタイルに興味を持ったのであります。

それまで私はスーツなどほぼ着た事が無かったし、

スーツ=囚人服

ネクタイ=首輪とリード(犬の散歩用)

だと言い張っていて、そう言った格好を真っ向から否定するロックンローラーだったのです。

しかし、イギリスに来てからと言うものスーツをかっこ良く着ている人を多く見ました。

フォーマルスタイルがめちゃくちゃカッコよく見えてきたし,やはりいつまでもロックンローラーのままではいれないのであります。

また、私は過去に6年程飲食業で生計を立てていて、

料理人をやろうと思った理由が中学時代にONEPIECEのサンジに憧れたからなんです。

そしてそのサンジもスーツスタイルなので興味を持ったのです。

しかしあまりにも場違い過ぎるのを感じ,身の丈をわきまえた私はお店を出ようとしたのですが

客もおらず暇なのか、なんと渋過ぎる蝶ネクタイお兄さんがゆっくりと話しかけてきました。

蝶ネクタイ
蝶ネクタイ
スーツとか着る事ある?

おしんぽこ
おしんぽこ
いや~無いっす無いっす!

私貧乏バックパッカーなので!

蝶ネクタイ
蝶ネクタイ
でも君は細いから似合うだろうね

その長い髪もGoodだよ

おしんぽこ
おしんぽこ
褒め上手!

続けて蝶ネクタイはえらい事を提案してきます。

蝶ネクタイ
蝶ネクタイ
ちょっと試着してく?

おしんぽこ
おしんぽこ
ええ⁉︎

まったく買う気は無いのに何故かあれよあれよの間にサイズを計られてしまい、一着用意してもらったのであります。

蝶ネクタイ
蝶ネクタイ
君はブラックヘアーだからブラックスーツで決まりだ

着てみてくれ

そういうもんなんかな?と思いながら、その真っ黒なスーツをおっさんが言う通りに着てみました

おお~!!

これは!!

我ながら、なかなか似合います!

これは完全にミッシェルガンエレファントにいそうな雰囲気です!

いやいや!

私ももう28才。

いつまでもロックンローラーじゃいられないのに、ミッシェルはあかん!

という事で試着を楽しんだあと、蝶ネクタイにお礼を告げ去ろうとしたらなぜかコーヒーを1杯もらい、座らされました。

おしんぽこ
おしんぽこ
え?なんだろ?

何やら電卓をバチバチ弾き始めた蝶ネクタイ。

おしんぽこ
おしんぽこ
コーヒーにが~

待つ事3分。

なんと彼はもしここでオーダーしたらいくらかかるかの見積もりを持って来たのであります。

おしんぽこ
おしんぽこ
ええ⁉︎いらんいらん!

買う気ないっすよ!

蝶ネクタイ
蝶ネクタイ
ここみてここ!

おしんぽこ
おしんぽこ
いや充分高いって!

1,000ポンドは当時のレートで182000円程。

最初はゆっくりと落ち着いた渋すぎる兄さんでしたが、見積もり書を持ってきたあたりから

物買わせたいギラギラ系インド人に見えてきて、逃げる様にその場を離れたのでした。


前回▼

【旅行記120】オアシスとビートルズゆかりの地巡り | Abbey Road | チェコ美人の正体【イギリス18】エディンバラで知り合ったチェコ人旅行者のゾラとバスを乗り継ぎ一気にロンドンへ戻ってきました。 イギリス旅行も残すところあと4日...

次回▼

【旅行記122】風紀が乱れてる!世界一のクラブ " fabric " - ファブリック【イギリス20】ロンドンの人気観光地カムデンタウンと,おしゃれエリアを散策した前回▼ https://oshinpoko.com/story121...
RELATED POST