ラオス

【旅行記130】変なおじさん現る!「世界一静かな首都」ヴィエンチャンの話【ラオス2】

タイのバンコクから寝台列車に乗りラオスの首都・ヴィエンチャンに到着。

▼この4人で行動を共にしています。

疲労困憊であった我々4人は宿探しをする元気も無くテキトーに宿を決めたのですが、なんとそこには南京虫がいたのであります。

捕獲してクレームを出し、なんとか違う階の綺麗な部屋をGETしたのでした。

今回は「世界一静かな首都」と言われているヴィエンチャンの話。

前回

【旅行記129】南京虫に遭遇⁉︎首都・ヴィエンチャン初日の話【ラオス1】地獄の列車移動を経て,我々4人はなんとかラオスに到着する事が出来ました。 バンコクからのルートはこんな感じ バンコク ▼寝...

ラオス・ヴィエンチャン

ラオスの位置はこんな感じ。

ヴィエンチャンはメコン川を国境に,タイのノンカーイのすぐ北側にある街です。

食文化

▲のマップよりタイカンボジアベトナム中国ミャンマーの5つの国に挟まれている海無し国ラオスですが,1953年に独立するまでフランス領でした。

そのせいかタイと隣あわせの割に結構食文化が違います。

アジアで唯一独立を守り抜いたタイの食文化は,みんなが想像してるタイ料理そのまま。

▼こんなんとか

[パッタイ]

▼こんなんとか

[トムヤムクン]

しかしもともとフランス領だけあって,フランス料理の影響を受けまくっているラオスの料理は私なりに言うと

“癒し系で親しみやすい”

どういう事かと言いますと,

いい意味で味が薄いんです。

野菜や肉からしっかりと出汁を取った繊細で複雑な味わいのスープや,フランス料理らしくパンを食べる事をメインにしたものが多いなと感じます。

▼ラオスのトマトチーズサンドイッチ8000キープ(100円くらい)。

[ヴィエンチャンで食べたサンドイッチ]

これパンがサクサク&フワフワでめっちゃめちゃ美味いです。

見た目マズそうですけどね。

激辛タイ料理油まみれアメリカン個性強すぎエスニックフードに疲れてしまったバックパッカーにラオス料理は超オススメであります。

おしんぽこ
おしんぽこ
ガツンとスパイスの効いたタイ料理ももちろん好きですよ

世界一静かな首都

誰が言ったのか分かりませんが、「世界一静かな首都」と言うのはあながち間違いでも無いようです。

▼これはヴィエンチャンの中心部,一番栄えている場所の写真。

おしんぽこ
おしんぽこ
何も無い!

世界の国々で首都と呼ばれる街はだいたいめっちゃ人が多くてガヤガヤしているのですが,ラオスの首都・ヴィエンチャンはかなりの癒し系であります。

まず人が全然いないし,でっかい商業施設のような物も見当たりません。

車通りも少なく,非常に穏やかで落ち着ける街であります。

また癒し系なのはもそうです。

歴史が関係するのか,人種がそうなのか,また海の無い秘境国扱いされているからそうなったのかわかりませんが,隣国の人々と国民性は大きく違います。

アジアのこのへんの国の人達って,陽気で元気でウザ〜い人が多いんですが…

▼【旅行記30】より,マレーシアのトライショーおじさん

▼【旅行記37】より,タイの駅前のトゥクトゥク軍団

▼【旅行記59】より,インドの交通事情

ラオスの人達は全然そんな事ないです。

恥ずかしがり屋なのか人見知りなのか,タクシーやお店の人でもタイやカンボジアやインドの人達と比べると元気がありません。

街を歩いていてもガンガン話しかけられるような事はほぼ無く,落ち着いたストレスフリーな滞在が可能なので,

“ラオスが一番良かった!”

と断言する旅行者が多いのではないかと思いました。

私にとって,2年前のアジア旅行で知り合ったリカルドの発言を確認するための旅行でもある今回のラオスですが,彼がラオスを好きになった理由が少しわかりました。

▼【旅行記31】よりリカルドさん

おにぎり君

癒し系の国に到着し,バンコクからの移動の疲れが癒えてきた我々4人。

ヴィエンチャン2日目はほぼ自由行動な感じでバラバラに行動します。

雑貨を見に行くアロハ君。

アロハ君
アロハ君
ちょっとマーケット行ってきます!

写真家のニコン君。

ニコン君
ニコン君
写真取りに行こうっと

酒好きのシズちゃん。

シズちゃん
シズちゃん
酒買いに行ってくる

そして…

おしんぽこ
おしんぽこ
寝ます

私以外の3人は出かけてしまいましたが,私は眠いので寝ることにしました。


1時間後

おしんぽこ
おしんぽこ
…ん?ここはどこ?

本当に眠ってしまった私ですが,あまりの暑さで1時間で起きてしまいました。

1時間の睡眠でかなりスッキリした私は寝ぼけながらも一旦シャワーを浴び,ビールを飲むことにしました。

本当なら酒好きのシズちゃんと飲みたいところですが,まだ誰も帰って来ていないので1人で1階ロビーでぬるい缶ビールを飲み始めました。

するとそこへ!

爆弾おにぎりのような顔をした男が現れます。

おにぎり君
おにぎり君
ちゃっす!ちゃっすぅ〜!!

あらあら!

飲んでるんですか〜?

昼から!

飲んじゃってますぁ〜!?

一緒に飲んじゃいましょう!

ふぅ〜!(裏声)

ラオスサイコー!

ふぅ〜!(裏声)

よしっ

すいません隣いいっすか

おしんぽこ
おしんぽこ
初対面から濃い〜わ!

彼の名前はおにぎり君。

私が1人でビールを飲んでいるところにいきなり現れ,1日分の元気を1回で使い切ったんじゃないかという程のテンションで挨拶をしてくれました。

正直私は

おしんぽこ
おしんぽこ
間違いない

変態が来た

と思ったので隙を見て逃げようと思いましたが,喋っているうちにタダモノではない事に気付いたのであります。

この男,面白すぎるんです。

そこらの売れないお笑い芸人のトークを軽く凌ぐ程に卓越した話術の持ち主であり,言葉選びのセンス,発言の間やタイミングも完璧です。

そしてシンプルに顔が面白いです。

さらに面白いのが,そのキャラクターであります。

おしんぽこ
おしんぽこ
おにぎり君は何歳なの?
おにぎり君
おにぎり君
23っす

おっさんすぎませんか?


おしんぽこ
おしんぽこ
おにぎり君職業は?
おにぎり君
おにぎり君
教師っす

生徒の親の気持ち考えると心配なるわ。


おしんぽこ
おしんぽこ
出身どこ?
おにぎり君
おにぎり君
北海道生まれっす

道民に謝れよ。


そんなおにぎり君と意気投合した私はその日一日中彼と共にビールを飲むのでした。

夕方になると他の3人(アロハ君,ニコンくん,シズちゃん)も宿に帰って来ましたが,なぜか我々の会には参加しません。

アロハ君
アロハ君
なんかしんさん変な人に絡まれてるね…
ニコン君
ニコン君
ほっとこうよ…

なんかあの人やばそうだし

シズちゃん
シズちゃん
絶対変態だよあの人

行こ行こ!

人は話してみないとその人の良さなど分からないものです。

次の目的地はヴァンヴィエン

2日目にしてだいぶラオスに慣れて来た我々。

そろそろ次の街へ行く準備をしなくてはなりません。

なぜなら我々はラオスに最大15日間しか居れないのです。

日本人の場合,観光目的で15日以内の滞在であればビザを申請すること無く入国できますが,それ以上の場合は空港でビザを申請する必要があります。

しかし我々はタイから陸路で入国しているため,自動的に15日以内のビザ免除状態になっているのです。

その15日間の間に私が行きたいのは,ヴィエンチャン ,ヴァンヴィエン,ルアンパバーンの3箇所。

どれも有名な観光地であります。

そしてその15日の間に来た道を全て戻りバンコクへ戻らなければならないため,あまりグズグズしている場合では無いのであります。

またアロハ君とニコン君はルアンパバーンの後にベトナムへ行くらしく,その2人の予定もあるので,いつまでもヴィエンチャンなんかでダラダラしているわけにはいきません。

しかし問題はここヴィエンチャンの居心地の良さであります。

と言う事でおにぎり君と一旦別れ,もともとのチーム4人で部屋に集まりミーティングをしました。

ニコン君
ニコン君
ヴィエンチャン居心地いいよね
アロハ君
アロハ君
確かに

それにまだ何も観てないしもうちょっと居たいかな

でも…そろそろ行かないと

ニコン君
ニコン君
明日みんなでいろいろと周りましょうよ
シズちゃん
シズちゃん
ん〜私はみんなについて来ただけだし

任せるよ

ビール飲もうっと

アロハ君
アロハ君
え?
おしんぽこ
おしんぽこ
じゃあ私もビール飲もうっと

ルートは2人に任せるよ

アロハ君
アロハ君
え?
シズちゃん
シズちゃん
ラオスのビール美味しいね

ビアラオ?

安いしサイコー!

ゴクゴク

ニコン君
ニコン君
ミーティング…
おしんぽこ
おしんぽこ
カンパ〜イ!
アロハ君
アロハ君
ほんと大人2人ダメやな

じゃあ明日みんなでヴィエンチャン観光して,明後日ヴァンヴィエンに移動でいいですか?

おしんぽこ
おしんぽこ
任せる
シズちゃん
シズちゃん
任せるね♡
ニコン君
ニコン君
ミーティグにならない…

アロハ君23歳

ニコン君23歳

シズちゃん29歳

おしんぽこ28歳

年長組の2人はラオスのビール・BeerLao(ビアラオ)を飲むばっかりで,ミーティングでは全く役に立たないのでした。


前回▼

【旅行記129】南京虫に遭遇⁉︎首都・ヴィエンチャン初日の話【ラオス1】地獄の列車移動を経て,我々4人はなんとかラオスに到着する事が出来ました。 バンコクからのルートはこんな感じ バンコク ▼寝...

次回▼

【旅行記131】国民を笑わせろ!ヴィエンチャンでふざけ倒しツアー【ラオス3】ラオスの首都・ヴィエンチャンに滞在中の我々4人。 変なおじさんが現れたと思いきや,なんと23歳で教師だったおにぎり君が登場...
RELATED POST