ラオス

【旅行記129】南京虫に遭遇⁉︎首都・ヴィエンチャン初日の話【ラオス1】

地獄の列車移動を経て,我々4人はなんとかラオスに到着する事が出来ました。

バンコクからのルートはこんな感じ

バンコク

▼寝台列車

ノンカーイ

トゥクトゥク

タイ側国境(出国手続き)

国営バス

ラオス側国境(入国手続き)

トゥクトゥク

ヴィエンチャン市内到着!

快適なはずの寝台列車で4人全員が体調を崩しました。

アロハ君▶︎頭痛

ニコン君▶︎下痢

シズちゃん▶︎嘔吐

おしんぽこ▶︎寝不足

全然無事とは言えませんが,予定通りラオスの首都・ヴィエンチャンへ到着しました。

が!しかし!

ラオス初日から思わぬハプニングが⁉︎

前回

【旅行記128】アホ4人でバンコクからヴィエンチャンへの過酷な国境越え【タイ9】バンコクで4日間過ごした私は、最終日に知り合った女性・シズちゃんに恥ずかしながら一目惚れ。 次の日にラオスへ向かう予定だったの...

宿にチェックイン「ダッカ・ホテル」

アロハ君
アロハ君
頭痛〜い!

ニコン君
ニコン君
おなか痛〜い!

シズちゃん
シズちゃん
気持ち悪~い!

おしんぽこ
おしんぽこ
眠~~い

やっとの事でヴィエンチャンの街中へ到着した我々4人ですが,全員フラフラの状態のため宿探しをする元気も無く,トゥクトゥクを降りてすぐの所で見つけた宿「ダッカ・ホテル」にチェックインしました。

ダッカとはバングラディシュの首都の名前。

そう,ここはバングラ人が経営する宿であります。

宿のおっさん
宿のおっさん
いらっしゃ〜い

イヒヒヒ

我々4人のうちバングラディシュに行ったことがある人間はいませんが,私は以前インドに行ったことがあります。

インドとバングラディシュは隣合わせの国で人種もかなり似ています。

私にはその宿の人がインド人にしか見えず,

おしんぽこ
おしんぽこ
な〜んか怪しいなあ

ぼったくられてんじゃないの?

という気持ちになりましたが,かなり安かったためそこに泊まることにしました。

通されたのは2階にある部屋。

部屋は4人ドミトリーですが,良くある2段ベッドタイプではなく

▼こんな感じ。

 

おしんぽこ
おしんぽこ
お〜

結構いいやん!

4人で行動している我々に最適な部屋であります。

とにかく空腹の我々4人はラオスのお金すら持っていなかったため,とりあえず荷物を置き外に出ることにしました。

ラオスのお金はLAK(キープ)

2015年当時のレートは

1円=65キープくらいです。

例えばカフェのベーコンサンドイッチが12,000キープとかだったので,だいたい147円です。

ラオスってそんなに安くはないんです。

2019年現在は

1円=80キープ。

 

これってもしや南京虫現る!

黒い粒を発見

ラオスのお金・キープを調達し,食事を終えた我々は一旦宿に戻り休むことにしました。

 

私は画像の1番のベッドです。

順番でシャワーを浴び,横になってリラックスモードに入る4人。

そこで私はある事に気づきました。

おしんぽこ
おしんぽこ
なんやこれ?

ベッドのマットに何か黒いものがくっついていました。

ゴミでもないしなにか虫のようですが…。

んんん???

…おおお!?

これは!?

私は前にこの虫を見たことがあります!

そう南京虫です!

おしんぽこ
おしんぽこ
みんな!やばいよこの宿!

南京虫がいる!

とりあえず起きてくれ!

私は事の重大さをみんなに伝えるべく立ち上がり,いますぐベッドから離れて荷物をベッドから離すように伝えました。

シズちゃん
シズちゃん
どうしたの?

虫くらいでそんなに騒いで

ニコン君
ニコン君
そうですよ?

アジアの安宿だから変な虫くらいいるでしょ〜

いかん!こいつらは南京虫の恐ろしさを知らない!

ニコン君とシズちゃんは南京虫とは何かを知らず落ち着いた様子。

しかしアロハ君は南京虫を知っていたらしく飛び起きました。

アロハ君
アロハ君
えええ!マジっすか!

宿変えましょう!

たった1匹の虫を見つけたくらいで宿を変える?

そう,南京虫はそれくらい恐ろしい生き物なのであります。

南京虫とは?

私はこのラオス編の2年前にインドにいましたが,ハンピという村でこの南京虫に遭遇しています。

【旅行記62】超田舎ゴアのアンジュナからハンピへ移動|南京虫とご対面【インド16】ゴアのアンジュナビーチで知り合ったホスト君 と2人でハンピに行く事になりました。 コルカタから急ぎ足でインドを移動して来たせ...

南京虫とは動物の血を吸って生きる寄生昆虫です。

デカいダニみたいな虫であります。

和名はトコジラミ。

英語でBed Bug-ベッドバグ

1mmくらいの大きさで,普通に肉眼で見えます。

何がそんなに恐ろしいのかと言うと,

噛まれるとめっちゃかゆいんです。

そのかゆみの特徴は

  1. 噛まれると蚊の100倍かゆい
  2. 血が出るまで掻いてもてもかゆい
  3. 一晩で数十箇所〜100箇所以上噛まれる
  4. 10日間以上かゆい
  5. 移動性で,全身ランダムで毎時間違う場所にかゆみが現れる
  6. かゆみ止めが全く効かない
  7. かゆすぎて精神的にやられる

という非常に恐ろしい生き物。

温暖な気候の国で,清潔でない宿なんかによくいます。

しかし南京虫はベッドや衣類,スーツケースやバックパックなどの細かい隙間に寄生していてなかなか気付かないし,旅行者がどこかから運んでくるので実際綺麗なホテルなんかでも確認されています。

また南京虫は夜行性で,明るい時間帯には動きません。

さらに寄生している先のベッドに震動があるとこれまた動きません。

夜になり,電気が消えて,人が寝静まって動かなくなった時,奴らはベッドの裏側や布の隙間からもぞもぞと現れるのです。

対策としては,

  • ネットでの予約時にその宿のレビューを見る
  • チェックイン時にベッドを持ち上げて裏側をチェックする
  • 電気をつけっぱなしにして寝る
  • 自分の寝袋に入って寝る

など。

 

捕獲!捕獲!捕獲!

我々4人の中で過去に南京虫アタックを食らった者はいません。

しかし今一度4人でネットで南京虫についてネットで調べてその恐ろしさを確認した時に,満場一致で部屋を変えるということに決定しました。

南京虫は自分で寄生先を見つける事ができないので,ベッド毎,部屋毎,階毎に生息しています。

もしその部屋で発見したとしても階を変えれば大丈夫なんです。

しかしクレームを言うためにはその証拠が必要なのですが,ベッドをひっくり返してもビッシリいるわけでは無いため,宿スタッフを部屋に呼んでも取り扱ってくれないのでは無いかと思いました。

でもいるのはいるんです。

と言う事で我々が思いついたのは,

”生け捕りにして宿スタッフに見せる作戦”

4人全員で部屋中を探し周り,見つけたらペットボトルの中に入れると言う作戦であります。

おしんぽこ
おしんぽこ
皆の者〜!探せ探せ〜!
アロハ君
アロハ君
いた〜!

こっちこっち!

しんさん(私)のベッドの下の所に3匹!

おしんぽこ
おしんぽこ
よっしゃ!

捕まえるぞ!

シズちゃん
シズちゃん
私のベッドはいないね!

…あっ!いたよ!

しんくんのベッドの上にほら!

これそうだよね!

おしんぽこ
おしんぽこ
よ〜し!

捕獲じゃ捕獲じゃ〜!

ニコン君
ニコン君
こっちもいましたよ〜!

しんさんのベッドの足の木の割れ目部分!

おしんぽこ
おしんぽこ
(また私のベッド?)

捕らえろ〜!

またいたよ〜!しんくんとこ!

こっちもいた!

またしんさんのベッド!

しんさんのベッドを探すぞ!

しんさん所ばっかやな!

……

なんで私のベッドだけ?


と言う事で我々は約30匹の南京虫の捕獲に成功したのです。

アロハ君
アロハ君
めっちゃいたね…

シズちゃん
シズちゃん
気持ち悪ぅ〜!!

ニコン君
ニコン君
これだけ捕まえれば部屋移動できますね!

おしんぽこ
おしんぽこ
なぜ私の所ばっかり…

南京虫提出で安全な宿を確保

ムカつくおっさん

おしんぽこ
おしんぽこ
よし行くぞ!

我々4人は捕まえた大量の南京虫を入れたペットボトルを片手に1階の受付へ行きました。

しかし相手はバングディシュ人で,インド人とそう変わらない性格であります。

ウソつきで利益のためなら人を騙す事など何とも思わない性格です。

おしんぽこ
おしんぽこ
あのすんません!
宿のおっさん
宿のおっさん
お〜う

どうしたの?

イヒヒヒ

アロハ君
アロハ君
俺たちの部屋に南京虫がめっちゃいたんだけど!
シズちゃん
シズちゃん
そうだよ!部屋変えて欲しい!
宿のおっさん
宿のおっさん
は〜?そんなはずは無い!

ヒヒヒ!

毎日掃除してるんだから!

部屋は変更出来ないよ!

うひひひ!

おしんぽこ
おしんぽこ
あんたらの事だから絶対そう言うと思った!

ニコン君!あれ出して!

ニコン君
ニコン君
ふっふっふ…

じゃじゃ〜ん!

宿のおっさん
宿のおっさん
!!!???
宿のおっさん
宿のおっさん
お前たちが…捕まえたのか!?
シズちゃん
シズちゃん
そうだよ!だから部屋変えてよね!

どうしても部屋を変更したくなかったらしく,おっさんはゴチャゴチャ言って来ます。

宿のおっさん
宿のおっさん
うちは今日はもう満室で部屋が無い
宿のおっさん
宿のおっさん
それはお前らが外から持って来た虫だ
宿のおっさん
宿のおっさん
この部屋は料金が違うから払え

それまでニヤニヤしていた宿スタッフですが,虫入りペットボトルを見るなりその表情は一変し

“くっそ〜バレてしまったか〜!”

と言ったような面持ちでしぶしぶ違う部屋の鍵を渡してくれました。

勝利です!勝利であります!

どうしても部屋を変えてくれないならこの宿には泊まらないからね!

と頑なに最初の部屋では寝たくない事を4人がかりで伝えました。

宿のおっさん
宿のおっさん
これは…

これはラオスの虫で,

人間に害は…

アロハ君
アロハ君
うるせぇ

はよ鍵よこせ

キレイな部屋

荷物を再びまとめて違う部屋に移動します。

変えてもらった部屋は4階の同じ間取りの部屋でしたが,そこで我々は驚きました。

おしんぽこ
おしんぽこ
めっちゃキレイ!!

最初に通された部屋と同じタイプでしたが,

ベッド,壁,床,その他全てが新築並のキレイさで,これまで人が泊まった事あるのかな?と思ったほど。

宿のおっさんのあの悔しそうな表情は

“なるべくならあのキレイな部屋は使わせたく無かった”

と言う気持ちからでしょう。

久しぶりにあのインド系の人間の心の汚さを感じましたが,これで安心であります。


我々が泊まった宿の名前はヴィエンチャンの「ダッカ・ホテル」。

ラオス旅行に行く人,ご安心ください。

売り上げがよく無いのか知りませんがもうこの宿は潰れています。

世の中には南京虫発生の噂だけで潰れる宿もありますからね。

前回▼

【旅行記128】アホ4人でバンコクからヴィエンチャンへの過酷な国境越え【タイ9】バンコクで4日間過ごした私は、最終日に知り合った女性・シズちゃんに恥ずかしながら一目惚れ。 次の日にラオスへ向かう予定だったの...

次回▼

【旅行記130】変なおじさん現る!「世界一静かな首都」ヴィエンチャンの話【ラオス2】タイのバンコクから寝台列車に乗りラオスの首都・ヴィエンチャンに到着。 ▼この4人で行動を共にしています。 疲労困憊であった我...
RELATED POST