イギリス

【旅行記106】ロンドン初日早くも旅の相棒を発見 【 イギリス4】

イギリスの入国審査は厳しいというのは有名な話。

みすぼらしい格好をしていると、貧乏人だと認定されて不法労働を疑われるかも知れないと思った貧乏人の私は、

あれ?大物俳優のディナーショーかなんか?

と疑いたくなるほどの渋いジャケットを購入したりと、準備に準備を重ね入国審査に臨みました。

[激シブジャケット]

おしんぽこ
おしんぽこ
絶対に入国拒否されたくないのです!

しかし意外にも入国審査は質問1個で終わりすんなり入国完了。

拍子抜けしたところで、人生初のイギリス旅行が始まったのでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#London

SHINさん(@shinstagra.mo)がシェアした投稿 –

前回

【旅行記105】やり過ぎなくらい準備しました|ドキドキの入国審査でUK旅行スタート【イギリス3】機内食で って聞かれるじゃないですか? ロンドンへ向かう飛行機の中で って聞かれたのはエティハド航空。 そのエティハド航...

ロンドン・ヒースロー空港からロンドン市内へ

Oyster Card-オイスターカードという日本でいうSuicaみたいなチャージ型のICカードを発行し,ヒースロー空港からピカデリーラインに乗ってキングスクロス駅へ向かいました。

おしんぽこ
おしんぽこ
オイスター ? 牡蠣かな ?

などとくだらない事を考えながらTube-チューブと呼ばれる独特のイギリス感を醸し出す電車に乗ります。

イギリスに詳しい人
イギリスに詳しい人
ロンドンの電車は簡単よ!

と聞いていたのですが,マジで簡単でした。

おしんぽこ
おしんぽこ
東京の方がむずいっす

目的地は予約していた宿レストアップ ロンドン ホステル – RestUp London Hostel。

キングスクロスから今度はノーザンラインに乗り換えて約1時間で到着であります。

▼London Tube Map PDF

生の

“まい〜んっだがぁっっぷ(Mind the gap)”

を聞けて感動したところで,イギリス初の宿へ到着したのですが…。

足臭地獄ホステル

私が予約したのは

レストアップ ロンドン ホステル – RestUp London Hostel

という所。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SHINさん(@shinstagra.mo)がシェアした投稿

中心地から若干離れています。

ロンドンの中心地,それこそキングスクロスの近くにも10ポンド(当時のレートで1800円)前後の安い宿はたくさん有りました。

しかし準備おこたる系バックパッカーのおしんぽこは相変わらず何も調べずにテキトーに予約したので

おしんぽこ
おしんぽこ
もっといいとこにすればよかった

と軽く後悔するのですが,チェックイン後さらに後悔するのでした。


この宿は欧米あるあるの

”修学旅行っぽい子供の集団がガンガン泊まってる系ホステル”

だったんですが,子供達以外は現地の労働者みたいな結構スパイシーなおっさんが多く泊まっているようです。

どういう事かというと,

おしんぽこ
おしんぽこ
部屋がめっちゃ臭いのよ!

あれ?養鶏場かな?

と勘違いを起こすほどのその臭いで,入室と共にこの宿を予約した事を大後悔しました。

カナダの養鶏場ホステルを思い出しました。

[カナダの養鶏場ホステルの臭いの元となっていたおっさん|旅行記72より]

 

さらに地獄はここから。

私が通されたベッドはこんな感じ。

おわかりでしょうか。

すでに1人寝て居ます。

絵の表記の通り,

ベッドの柵が無いため枕等が落ちる可能性が有り,壁側に頭を向けて寝るしか無いのですが,

足臭い人の足の真横に私の頭が来るセッティングなのです。

かと言ってあちらの臭い人の頭を向けられるのもすごく嫌なんです。

おしんぽこ
おしんぽこ
ていうか下2つ空いてますやん!

その後受付に行き下のベッドへの移動を申し出ましたが,敢え無く却下されてしまいました。

時間は13:00。

おしんぽこ
おしんぽこ
臭い人なんでもう寝てんだよ

と思いながら一旦部屋を脱出したのでした。

旅の相棒が早くも見つかる

竜ちゃんという男

足臭部屋から出ると1人ガタイのいいアジア人を発見しました。

普通なら日本人,中国人,韓国人の見分けは容易に出来るはずなのに,この人に至ってはどこの国なのか全く分かりません。

全く仲良くなれそうも無い雰囲気なのに,有り得ないくらい目が合ってしまったので,挨拶せざるを得ない雰囲気であります。

おしんぽこ
おしんぽこ
こんにちは,ハロー,ニイハオ
竜ちゃん
竜ちゃん
...え?…あ

……え?

おしんぽこ
おしんぽこ
え?
竜ちゃん
竜ちゃん
…え?…え?
竜ちゃん
竜ちゃん
え?

え?が多い!

どうやら変な人だったらしく,

おしんぽこ
おしんぽこ
すんません

なんでもないっす

じゃ!

と,私はその場を立ち去ろうかと思ったんですが…

竜ちゃん
竜ちゃん
…え?

日本人…ですか?え?

旅行ですか?

え?

と話を膨らませて来たのです。

どうやら彼は普通の日本人だったみたいで,名前は竜ちゃん(りゅうちゃん)27才。

当時の私の1つ年下であります。

竜ちゃん
竜ちゃん
…え?

これは緊張しているからとかではなく,普段から,え?え? って感じの人です。

私は大変挙動のおかしいこの男に興味を持ってしまい,近くのカフェに誘いコーヒーを飲む事になりました。

イギリス旅行の大まかな予定

カフェ店員
カフェ店員
Have here or take away ??

(店内?持ち帰り?)

竜ちゃん
竜ちゃん
…え?
カフェ店員
カフェ店員
え ?
おしんぽこ
おしんぽこ
ああああぁ…Have hereでっす!

彼は私と同じ旅行者ですが,どうやら初めての海外旅行らしく英語などは全くダメみたいです。

しかし竜ちゃんはイギリスについてガッツリ調べて来ているみたいで,かなりの量の情報を持っています。

おしんぽこ
おしんぽこ
私はリヴァプールに行きたいな
竜ちゃん
竜ちゃん
…え?え?じゃあ一緒に行きましょうよ

しかもその大人しそうな見かけによらず,意外にも行動的です。

そして彼と話しているうちになんと一緒に行動する事になってしまったのであります。

私はリヴァプールとエディンバラだけは絶対行きたくて,あとはテキトーにすると決めていたので,予定決めはガイドブックを3冊持っている竜ちゃんに任せる事にしました。

そしてほぼ竜ちゃんが決めたルートはこちら。

ロンドン▶︎リヴァプール▶︎マンチェスター▶︎エディンバラ▶︎ヨーク▶︎レスター▶︎ロンドン

という流れ。

おしんぽこ
おしんぽこ
イギリス初日に予定が決まってしまった..

レスターには何があるの?

竜ちゃん
竜ちゃん
…え?え?知りません。ロンドンに戻る時の中継地点です。

え?旅行ってそういうもんじゃないんですか?

何があるのか,また行く必要があるのもまったく分からないレスターも予定に組み込まれていますが,竜ちゃんのその“なんとなく”で旅先を決めてる感じは嫌いではないと思いました。

明日からロンドン観光

私は基本的に1人で行動していますが,たまにこういう風に旅の相棒が見つかり共に行動しています。

アジア編のサラ髪くんホストくん,またニューヨーク編のナンシーもその1人です。

そして次の日からのロンドン観光を謎の男竜ちゃんと共にスタートするわけですが,

初めてのイギリス旅行という事と,どう考えてもネタだらけのこの男が楽しみだという事で,イギリス初日からワクワクであります。

竜ちゃんもまた,

竜ちゃん
竜ちゃん
旅慣れた人がいると心強いです

と,私を頼りにしてくれているようです。

一気に距離を縮めた我々はカフェからの帰り道もまるで昔からの友達だったかのように並んで歩いたのでした。

しかしその楽しい状態から一変し,宿に戻って絶望します。

おしんぽこ
おしんぽこ
部屋臭いの忘れてた… !!

相変わらず足くさいので,▲絵の左側の壁にぴったりくっついてなるべく足から遠い位置で眠る私でした。


前回

【旅行記105】やり過ぎなくらい準備しました|ドキドキの入国審査でUK旅行スタート【イギリス3】機内食で って聞かれるじゃないですか? ロンドンへ向かう飛行機の中で って聞かれたのはエティハド航空。 そのエティハド航...

次回▼

【旅行記107】観光地のかたまり!迫力の街並みロンドンを歩く【 イギリス5】ロンドン初日, チェックインしたのはテムズ川を渡った南側にあるホステル。 この...
RELATED POST