イギリス

【旅行記110】リヴァプール旅行中ですがめっちゃアホな話 |朝食, 激シブジャケット【イギリス8】

National Expess – ナショナル エクスプレス の長距離バスでロンドンからリヴァプールに移動した前回。

バスチケットのネットからの簡単な買い方はこちら

旅の相方は何から何まで変な人竜ちゃんです。

無事リヴァプールに到着したのは良いものの、予約していた宿の場所が分からず大苦戦!

終いには間違ってピンポンした家の住人にマジギレされるという始末。

竜ちゃん
竜ちゃん
でも僕はあの人タイプでした
おしんぽこ
おしんぽこ

そして今回はリヴァプールの街中を歩き周る話

の前に!

今回はめっちゃアホな話をします。

前回

【旅行記109】National Expess ナショナルエクスプレス長距離バスでロンドンからリヴァプールへ【イギリス7】こちらは竜ちゃん。 私のイギリス旅行の相棒です。 あまり笑顔を見せる事無くとっても変な雰囲気の持ち主でありますが、行動的で心から...

朝食食ってる!?

ロンドンからリヴァプールへの移動に丸一日を費やした竜ちゃんと私はクタクタで、酒を飲む暇なども無く爆睡しました。

そして翌朝8時。

ちょっと早めに起きた私は竜ちゃんがいない事に気付きます。

おしんぽこ
おしんぽこ
うんこでもしてんだろ

と特に気にせず私は少しだけ宿内を散策しました。

受付の前を通った時に昨夜のポールマッカートニー似のおっちゃんの言葉を思い出します。

ポール似のおっちゃん
ポール似のおっちゃん
朝食あるからね

先進国のこういう系のバックパッカー宿は有料(500円前後)でお粗末な朝食ビュッフェが付いている事が多く見られます。

おしんぽこ
おしんぽこ
無料なのかな?

無料だったら、あとで竜ちゃんと行くか

と思い、聞いてみるとなんと有料で5ポンド。

2015年当時のイギリスポンドは

1ポンド=約180

とめちゃくちゃ高かったので、悩む間も無く朝食は諦めました。

5ポンドとなると約900円です。

もうすでに朝食は始まっているようで、受付の隣の大部屋の飲食スペースでは数人の宿泊者が朝食を食べています。

見た感じ内容は

美味しくなさそうなトーストと美味しくないシリアルと粉のコーヒー。

 

おしんぽこ
おしんぽこ
こんなもんに5ポンドはもったいない高すぎる!

という事で再び部屋に戻ろうとその大部屋の入り口を横切った時、私は衝撃の映像を目の当たりにしました。

 

おしんぽこ
おしんぽこ
!!!??

 

おしんぽこ
おしんぽこ
竜ちゃん!

シリアル食いよる!

飲食スペースの大部屋の入り口には5ポンドを回収するスタッフがいます。

どうやって中に入ったのかは分かりませんが

多分彼はよく分からず入場し、朝食を食べているのでしょう。

大部屋の1番端の席に座る彼に話しかけるには少々距離があるので、宿のWi-Fiを使って竜ちゃんにLINEを送ってみました。

竜ちゃん

おしんぽこ
おしんぽこ
おはよう

既読

8:22

竜ちゃん
竜ちゃん
おはようございます

もう先に1階で朝食食べてますよ!

8:23

おしんぽこ
おしんぽこ
竜ちゃん、朝食有料だって知ってた?5ポンドらしいんだけど

既読

8:23

竜ちゃん
竜ちゃん
え?

マジですか?

なんか言われましたけど普通に入れましたよ

8:24

これは非常に嫌な予感がします。

何故なら竜ちゃんは勉強中と言えど英会話のスキルはほぼ皆無。

  • 有料かどうかを聞いて、
  • それがいくらなのか、
  • 食べ放題なのか、
  • またそれは何時から何時までなのか、
  • そして支払いは今なのか宿代合算なのか、

そこまで把握してこの部屋に入場しているとは考えられないのであります。

中を再び覗いたところ、まだ朝早いからか食事をしている宿泊者は10人弱と言ったところ。

これならまだ入場前に座るスタッフも覚えているかも知れない!

と思い聞いてみたのです。

おしんぽこ
おしんぽこ
おはようございます

あの~私ねあそこの奥に座ってる日本人の友達なんですけど、彼はもうお金払ってますか?

5ポンドを回収するスタッフ
5ポンドを回収するスタッフ
Good Morning

あ~あんた達は昨日の夜チェックインしたんだよね?

彼は後で払うらしいわよ?

“もう1人来るその人に払ってもらう感じでOK?”

って聞いたら

“Yes ! “

って言ってたわ

それがあなたね?

はい2人分で10ポンドお願いします

おしんぽこ
おしんぽこ
あの男!

絶対テキトーにYesと言ったに違いありません!

仕方ないので10ポンド払って入場し、竜ちゃんと合流しました。

竜ちゃん
竜ちゃん
おはようございます

このシリアル不味いですよ

食べない方が良いです

おしんぽこ
おしんぽこ
竜ちゃんあそこのお姉さんに何て言ってここ入ってきたの?

竜ちゃん
竜ちゃん
あ~正直何言ってるかさっぱりだったんで、Yes ! Yes ! って言ってたら入れました
おしんぽこ
おしんぽこ
やっぱりね!

結局竜ちゃんと2人で高い朝食ビュッフェを楽しんだのでした。

激シブジャケット

今旅行中のイギリスの入国審査はめっちゃめちゃ厳しいと言うのは有名な話で、どうしても入国拒否を食らいたくないと思った私は準備に準備を重ねて入国に臨んだのであります。

みすぼらしいヤツは不法労働の疑いをかけられる

と言う所を異常なまでに気にしていた私は、その対策として

おじさん
おじさん
いやこれからパーティ行かなあかんの?

といじられる事間違い無しのシブ過ぎるジャケットを横浜で購入したのであります。

いつもダラっとした安っぽいそこら辺で拾ってきたような服を身につけていた私は、慣れないスタイルの服に挑戦と言う事で、試着の際は大変お恥ずかしい思いをしました。

しかし服と言うものはただの布のつぎはぎであるはずなのに非常に不思議な物でして、恥ずかしながらも着続けるといつの間にか似合って来るのであります。

似合うと言う感覚に至るまでの時間は、個人差はありますが私のこの激シブジャケットの場合は約10分。

完全に気に入ってしまい、15,000と言う高額な服を買ってしまったのであります。

その話は旅行記105です。

【旅行記105】やり過ぎなくらい準備しました|ドキドキの入国審査でUK旅行スタート【イギリス3】機内食で って聞かれるじゃないですか? ロンドンへ向かう飛行機の中で って聞かれたのはエティハド航空。 そのエティハド航...

そしてロンドンからリヴァプールに移動してきた我々はこれからビートルズ博物館こと、The Beatles Storyへ向かいます。

ビートルズファンの私にはここまで楽しみな場所は無いと言い切れるでしょう。

私にとって

インドのタージマハル

ナイアガラの滝

ニューヨークの自由の女神

などの名だたる観光名所と肩を並べる程に重要な場所であり、そこに行かずしてリヴァプールを離れる事などあり得ないのです。

おしんぽこ
おしんぽこ
そんな場所へ山から降りて来た猿に布を被せた様な汚い格好で訪問する訳にはいかない!

と言う事でここで登場するのが上記の激シブジャケットであります。

しかし竜ちゃんと朝食を食べ終え準備をしようとしたのですが、どうも激シブが見つかりません。

おしんぽこ
おしんぽこ
なんでなんで?

ビートルズに敬意を表する為にジャケットを着なければいけないのに、バックパックの中身を全て引っ張り出しても見つからないのであります。

おしんぽこ
おしんぽこ
ゲキシブ

思い出せ!思い出せ!

絶対どこかにあるはずだ!

最後に着たのはいつなのかを考えました。

旅行記105の最後の方に入国審査の模様が記述されていますが、結局入国審査の時にはワケあって使用出来ませんでした。

そしてそれ以降は数回カッコ付けて着ただけなのですが、全く思い出せ無いのです。

おしんぽこ
おしんぽこ
え~

高かったのに

まさか盗難か⁉︎

と一瞬脳裏をよぎったのですが、人が着ているジャケットを盗むなど考えられないのであります。

そこで旅の相方竜ちゃんに聞いてみました。

おしんぽこ
おしんぽこ
ねぇ竜ちゃん私が着ていたあの激シブいジャケット分かる?

無いんだよね

竜ちゃん
竜ちゃん
えっ?

あ~こないだロンドンで行った布かかってる系レストランに行った時に着てたやつですか?

おしんぽこ
おしんぽこ
!!??

私は竜ちゃんのその言葉で思い出してしまったのです。


旅行記107で竜ちゃんと共にロンドンを歩き周った日の夜の事。

宿泊していたホステルの立地が悪く,スーパーやファストフード店などが近くに無かったので、宿からすぐ近くの高そうなレストランに入ったのです。

私は身体に異変が起きるほどに疲労困憊でありまして、いつものようにバックパッカーらしく食事を安く済ませるべく安く食事ができる場所を探したかったのですが,その元気もありませんでした。

そこは布かかってる系レストラン。

ドレスコードがあるほどの高級店ではありませんが、多少は身なりを気をつけたいレストランだったのでその時に私は激シブジャケットを着て行ったのです。

そしてオールバックの似合うサーバースタッフに席を案内された時の事を思い出した時、私は鳥肌が立ちました。

おしんぽこ
おしんぽこ
オールバックさん、椅子の後ろのハンガーに激シブジャケット掛けてくれてたな

ワインをがぶ飲みして酔っ払った私は眠気が半端じゃなかったので,お会計の後そのままジャケットを着ずに宿に戻ったのでした。

おしんぽこ
おしんぽこ
思い出した〜!

海外に行き始めてから服などに全くもって興味を持たなくなって2年。

久しぶりに購入したお気に入りのジャケットはすぐには戻る事の出来ないロンドンにあるのです。

おしんぽこ
おしんぽこ
ゲキシブさん…

去り逝く友との別れに似た切ない思いと、マジもったいねぇと言う悔しさから、これからビートルズ博物館へ行くと言うのに完全落ち込み顔で迎えたリヴァプール初日でありました。

竜ちゃん
竜ちゃん
えっ?そんなに大事なやつだったんですか?

でもあれあんまり似合ってなかったですよ

今着てるやつの方がカッコいいです

ロンドンに帰ったら取り戻しに行きましょう

おしんぽこ
おしんぽこ
優しいのか優しくないのか!

激シブジャケットを取り戻しに行く話はまた今度。


前回

【旅行記109】National Expess ナショナルエクスプレス長距離バスでロンドンからリヴァプールへ【イギリス7】こちらは竜ちゃん。 私のイギリス旅行の相棒です。 あまり笑顔を見せる事無くとっても変な雰囲気の持ち主でありますが、行動的で心から...

次回▼

【旅行記111】The Beatles Story - ビートルズ博物館に行ってきました|リヴァプール【イギリス9】旅行記105で購入したお気に入りのジャケット。 ビートルズに敬意を表する為にリヴァプールではこの激シブジャケットを着たかったのです...
RELATED POST