フィリピン

【旅行記7】なぜか英語力向上?気付けば Intermediate【フィリピン⑥】

まあまあの金を払ってフィリピンに語学留学に来ていたのですが、結局毎日真面目に通ったのは最初の2週間ほどでした。

その後は毎日遊んでばっかり。
最終的には学校自体あまり行かなくなります。

しかし、そうやって欠席を繰り返す人間は意外にも少なく、平日に遊び相手がいない事もありました。

そういう時は暇なので学校に行っていました。

そしてこれは、卒業を目の前にしたテストの話。

前回の話▼

【旅行記6】Hundred Islands で超青春。語学留学という事を忘れる【フィリピン⑤】フィリピンで語学留学をしているけど、遊んでばっかりで全然英語の勉強出来ていないなぁ… そう考え始めた時に素晴らしいお誘いが来たんです。...

スポンサーリンク

月に1度のクラス分け実力テストに参加

テストを受ける羽目になる

私が通っていた学校はおそらくフィリピンで1番ゆる~い学校で、遅刻、欠席など何も厳しくありません。

セブやクラークでは超スパルタ語学学校が結構多いと聞きますが、私が通っていたバギオの怪しい学校は規模も小さいし、先生達や日本人マネージャーもゆるくてなんともサボりやすい学校だったんです。

ある日朝起きて仲良しのメガネ君に連絡したところ学校にいるそうなので行ってみました。
すると私の担当の先生

先生
先生
おはよう!来たな!今日は月に1度のテストだぜ!頑張れよ!

と言われました。

私が申し込んでいたのは6週間。これは残りの2週間のクラスを決めるテストなわけです。

おしんぽこ
おしんぽこ
えっメガネとビリヤードしに来たのに

と思っているのもつかの間、すぐに受験番号を振り当てられ、いきなりリスニングのテストが始まりました。

テスト開始!思っていたより問題が解けた

Listening

相変わらずボロい昔のラジカセからなる音声は全く聞き取れません。

そもそもフィリピン訛りや韓国訛りの英語に慣れている我々が
ネイティブ発音の音源
を聞けるわけないです。

しかし、とってもゆるいこの学校のリスニング音源は1種類しかない
ため、前回と全く同じだったです。

なので前回よりはスラスラと問題が解けました。

Reading

前半の単語問題や文法問題は結構分かって、テンション上がりました。
さすがに後半の長文問題は意味不明です。

思想や宗教の問題もあって、

おしんぽこ
おしんぽこ
そんなん人それぞれやろ

と思いながらなんとなくで回答しました。

Writing

今回のライティングテストのテーマは家族。

親とまあまあ仲の悪い私にとってかなり厳しい問題です。

なので

おしんぽこ
おしんぽこ
俺は友達をFamilyと呼んでるぜ!

みたいな厨二病丸出しの内容を書きなぐりました。

Speaking

今回のテストから採用された、くじ引きでテーマを決めるシステム

5人ずつのグループで、学校の女ボス・アマンダとお話をするテストです。

前回までは全員同じテーマだったらしく、4番目5番目の人は考える時間があるし、前の人のスピーキングを丸パクリするという事例が相次いで発生していたため今回新たにテストのシステムを変更したらしいのです。

5人ずつのグループで11テーマ、全く違うジャンルです。

私は3番目。自分のターンが来るまでどんなテーマになるか分からないので公平な審査と言えるでしょう

しかし私は強悪運の持ち主。

なんとスピーキングのテーマも私の苦手な「家族」

だったのであります。

他の人は,母国の文化とか,Holidayの思い出とか…。

ここは落ち着いてライティングテストと同じように「俺は友達をFamilyと読んでるぜ」といったお恥ずかしい内容を話すも、女ボス・アマンダは認めてはくれません。

アマンダ
アマンダ
OK. じゃあ本当の家族について教えて?

と、取り調べさながらの雰囲気。

そこで私は黙秘をする訳にも行かないので、

アル中の父上の話やヒステリックキチガイな母上の話を熱く語ってみました。

親が嫌いだの、苗字を変えたいだの、この劣悪な遺伝子を世に残すべきではないだの、スピーキングテストとは思えない酷い発言を繰り出してしまったんです。

やはりこれはどうも、

家族をとても大事にするフィリピン人

には受け入れられず、女ボス・アマンダただ事ではない表情をしています。

そして私が、笑いながら高校時代に親と戦争をした話をし始めた時に

アマンダ
アマンダ
Stop. もう聞きたくないわ。出て行ってくれる?

と、強制退室を食らってしまったのであります。

こんな感じで実力テストは終わりました。

その後アマンダに呼び出しを食らったのは言うまでもありません。

おしんぽこ
おしんぽこ
本当の家族のこと話せいうたのあんたや

スポンサーリンク

テストの結果はIntermediate

2ランクアップで大興奮

学校によってランク付けが大きく違うらしいのですが、

私が通っていた学校は

  • Advance(ビジネスレベル)
  • High Intermediate(上級者)
  • Intermediate(中級者)
  • Low Intermediate(初級者)
  • Upper Beginner (ルー大柴英語)
  • Beginner(赤ちゃん)

という6段階。

Upper Beginnerという名前からなんとIntermediateというオシャレな名前になってしまったのです。

実際私にそこまでの実力があったとは到底思えませんが、おそらく合計点がギリギリ到達したのでしょう。

得点表を見るとめちゃめちゃ偏りがあり、ほぼスピーキングだけが驚くほど伸びていて、リスニングや、リーディングはちょっとだけ上がっただけでした。ライティングは初日とほぼ同じ点数で、へこみます。

まあSchoolDoesのスペルを間違えているくらいですのでしょうがないです。

同期のドンキ君と富美男はBeginnerのまま

[トミオ]
[ドンキ君]

やつらはアホです。成長のない赤ちゃんです。

ちなみに同じ同期のおかめ納豆は

High Intermediateのままでしたが、点数自体は著しく上がっていたらしく

おかめ納豆
おかめ納豆
Advance狙ってたのに~

銀メダルで悔しがる天才アスリートの様な高みの発言を繰り返しておられました。

彼女は英語の他に韓国語がネイティブレベルなので、語学に強いのでしょう。

おしんぽこ
おしんぽこ
すげえな

4週間で私がやった事

Wizdomという有料アプリ

遊んで遊んで遊びまくっていた学校生活でしたが、友達もおらずまだ意識が高かった最初の方は誰よりも勉強していたんじゃないかと思います。

その中で超役に立ったのはWizdomというiPhoneアプリです。

2,800円もします!

オフラインだとしても分からない単語があれば一瞬で調べられて、しかも例文に出てくる単語なども長押しすればその単語のページに飛ぶという優れ物。

生活の中で分からない単語や活用などを無意識にWizdomで調べる癖が付いていました。

先生と友達になり遊んだ

フィリピン人の先生とよく話し、よくメールし、よく遊びました。自然とスピーキング能力が上がっていたのかも知れません。

ただ裕福な日本人はただの金づるです。

飲食代は必ず出さなければいけないという暗黙のルールがありました

現地の人とよく話した

コンビニのおばちゃん、学校の警備員、街のキッズなど、話しかけられたらちょっとだけ長めに話をして仲良くしていました。

フィリピンのキッズは当たり前ですけど英語上手すぎて引きます。

また違う学校の先生なども韓国コミュニティを利用して繋がったりもしました。

レベルが上がったその後の2週間

2ランク上のグループはレベルが高くて楽しい

と感じました。

それまでのBeginner軍団が集うBeginnerクラスでは、先生もレベルに合わせて詩吟のようなゆっくりとしたスピードで話すし、間違えようが何しようが褒められるという幼稚園のようなところでした。

しかしIntermediateのクラスは一気にレベルが上がり、完全に落ちこぼれ生徒に近い感覚はありましたが、プレゼンをしたりディベートしてみたりとやりがいのあるものでした。

しかし相変わらず遅刻欠席が相次いだため、そういったクラスは数回しか出ていないし、連続して出席しないと意味のないクラスはクビになりました。

スポンサーリンク

ついに卒業 達成感無し!

結局は人と話して会話力が上がっただけなので、金を払ってまで学校に行ってしまった事は後悔しています。

ですがそのきっかけになったのは紛れもなく語学学校だったので、勉強の仕方を身につけた、英語にビビらなくなったというだけでも意味はあったのかなと今では思います。

しかしその後英語圏の国で生活する時に、自分の英語力の無さに尋常じゃないほど落ち込む事はこの時は知る由もありません。(飛ばして読むならカナダ編へ)

なんせIntermediateくらいでテングになってましたからね。


前回の話

【旅行記6】Hundred Islands で超青春。語学留学という事を忘れる【フィリピン⑤】フィリピンで語学留学をしているけど、遊んでばっかりで全然英語の勉強出来ていないなぁ… そう考え始めた時に素晴らしいお誘いが来たんです。...

次回↓

【旅行記8】ついに語学学校卒業!しかしフィリピンに居座りすぎて重大なミスを犯す【フィリピン⑦】6週間の語学学校を終え、ついに本格的にバックパッカー旅行が始まります。 しかし私はこっそり隠れて学生寮の中でダラダラと生活していました...

背中が蒸れないバックパックは
[deuter-ドイター]

超万能海外生活用イケブーツ
[Blundstone]


ネット動画配信サービス(無料期間有)

サービス名
(通常月額料金)

特徴
U-NEXT
(1,990円)
最新映画,人気ドラマ,アニメ多数
多ジャンルのバラエティ番組
動画総本数16万本
毎月ポイント(1200円)がつくので実質790円
[無料期間31日間]

Amazonプライムビデオ
(408円)

月額料金最安(408円)
Amazonプライムオリジナルコンテンツが人気
[無料期間30日間]

FODプレミアム
(888円)

フジテレビ系のドラマ(過去作品含む)豊富
雑誌,漫画15万冊
[無料期間1ヶ月間]

TSUTAYA TV無料お試し
(933円)

毎月有料動画2本分(1,080p)のポイントがつく
[無料期間30日間]

DMMm見放題Chライト
(540円)

趣味系多め
グラビア,アイドル,多数
ギャンブル,麻雀,お笑い
[無料期間2週間]
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。