Google Adsense

世界同時多発アドセンスが表示されないその原因と復活までにやった事|Google Adosense|Ads.txt

ある日私はいつもの様にブログでも書こうかな〜っとPCを開いたところ,ある事に気付きました。

おしんぽこ
おしんぽこ
Google Adsense(広告)が消えている!

この話はなかなか長いので最初に結論を申し上げましょう。

めでたく2週間で復活しましたが,未だにその原因は不明です。

しかし個人的には原因はAds.txtなのではないか?

と思っています。

読むのめんどい人はちゃちゃっとAds.txtをFTPから追加して来てください。

おしんぽこ
おしんぽこ
やり方は下の方に書いてます

今回はアドセンスが表示されなかった2週間で得た情報実際に私がやった事の話です。

世界同時多発Google Adsense 広告が消えた

Google Adsenseとは?

Google AdsenseとはWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができる、Googleが提供するサイト運営者(企業,個人問わず)向けの広告配信のサービスです。

こんなやつ▼







運営者(このブログでは私おしんぽこ)が自由に設定出来るのは

  1. 広告を掲載する場所
  2. 広告のタイプ

くらいで,広告の内容自体は閲覧者の志向(その人がよく検索している事)や実際に見ているそのサイトに類似している内容などに関連するようにGoogleにより自動で決められます。

おしんぽこ
おしんぽこ
このブログでえっちな広告が出てきても私の責任じゃないんすよ

そんなGoogle Adsenseですが,

ある日いきなり表示されなくなってしまったのであります。

私のしょうもない旅行記ブログを楽しみに見にきている人にとって広告なんてウザいだけかと思いますので収益発生などの仕組みの説明はここでは割愛します。

が,しかし!運営者の私にとっての広告はブログを続けて行く上での大きな大きなモチベーションとなるのです!

その広告が消えたとなるともはや全くブログを書く気になれずただただテンション下がるだけで,今までの労力がすべて無駄になった気になりました。

おしんぽこ
おしんぽこ
いやブログ書くのめっちゃ楽しかったけどね!?でもいきなり消されると,背後から突然鉄パイプで頭をカチ割られた気分になるのよ!

消えた人の共通点

何か解決策は無いか調べまくりました。

日本語だけでなく,英語,スペイン語,ドイツ語,韓国語など様々な言語で検索をかけてみたのですが,どうやら2019年5月以降に世界で同時多発しているようで,その共通点も多いようです。

みなさん同じ悩みで,ぶっちゃけ具体的な解決方法は今も見つかっていません。

▼広告が消えた人の共通点

通知なし

Google Adsenseホームの右上の鈴マークが通知センターです。

もし広告を停止される場合事前に警告などのお知らせが表示されるはずなんですが,通知なしに突然アドセンス広告がサイトから姿を消します。

ポリシー違反なし

広告を止められてしまった場合ポリシーセンターに入って警告が表示されている事がありますので,そこに記されている具体的な違反部分を改善するだけで解決できるのですが,今回のケースはポリシー違反も確認されていません。

 

サイト単位では無くひとつのアカウント毎の停止

私のアカウントには2つのサイトがありますが,同じタイミングで全て消えています。

どうやらこれは世界中みなさん同じのようです。

“このサイトは消えて,こっちは大丈夫!”

って人は我々とは違う問題で広告が消えているのではないかと思います。

Google Adsenseが消えた考えられる原因

ブラウザのキャッシュやcookie

検索,表示,ダウンロード,ログイン履歴が影響して表示出来ない事があります。

Chrome や Sfari の画面上部の「履歴」から削除してみると復活してくれるかもしれません。

JavaScriptが無効になっている

JavaScriptはWebサイトに動的な効果を与えるプログラミング言語です。

アドセンス広告は自動でスライドしたりと動きのある広告ですのでJavaScriptがオフになっていると表示されません。

JavaScriptを有効化する

画面右上,アカウントアイコンの右の縦に点が3つ並んでるやつ▶︎ 設定▶︎詳細設定▶︎プライバシーとセキュリティ▶︎コンテンツの設定▶︎Javascript

許可(推奨)

をオンにします。

ブログでNGワードを使用している

これは正直ポリシー違反なので違反なし,通知無しであれば考えにくい事ですが,

Googleは言うなれば風紀を乱す事を嫌う厳格な昔の日本の親父。

あまりにも下ネタや,暴力的な表現があるとブチギレられて

親父に広告を感情的に消されてしまうのではないかと考えました。

ブラウザでアドブロッカーが機能している

アドブロッカーとは、Webページ上で配信されている広告を表示させなくするソフトウェアの事です。

広告がうざくて何かしらの広告ブロックソフトを導入していた場合は表示されません。

SNSと同期している

SNSからの流入に頼りまくっているサイトはGoogle親父にとって不本意なわけです。

しょうもないブログを書いてる

コピペ記事

日記ブログ

短文ブログ

中身が無いサイト

その他ペラッペラうっすうすのサイトにはそりゃGoogleも広告を載せたく無いですよね?

イケてるサイト作りに努めなさいよ!

と言うGoogleからの見えないメッセージを肌で感じます。

復活までに私がやった事

1.トラブルシューティング

とにかく調査!調査!調査!

調べて調べて調べまくりました。

トラブルシューティングとは想定された異常状態について箇条的に解決方法がマニュアル化されたものであります。

しかしこれといって有力な情報は得られませんでした。

上記で,様々な言語で検索をかけたと書きましたが,日本人のブログが一番情報多かったです。

ただ英語で検索すると,

“私のブログ見て!広告消えてるの!なんで!?”

みたいなものがURL付きで各所に投稿されていて,中には復活している人もいましたので一度多言語で検索してみるのもいいかもです。

2. 広告ユニットを作り直し

私は自動広告を使わず,すべて手動でブログ内にコードを貼っています。

おしんぽこ
おしんぽこ
知らないうちに広告のコードがリニューアルされたのでは!?

と思い,新たにユニットを作って貼り直して数日待ちましたが効果無し。

3. ブログ関連すべてのログアウト

やっぱりアナログ人間の私は色々とよくわからないので,問題が起きたら再ログイン&再起動と決めています。

ブログ関係でログインしているものと言えば,

サーバー

WordPress

Googleアカウント

くらいでしょうか。

4. プラグイン全部停止

やっぱりWordPressで起こる問題は何かしらのプラグインが影響している場合が多いです。

なので一回全部停止してみて,一個ずつ有効化して再設定して様子を見るという苦行をこなしました。

5. テーマを疑う|変更と再インストール

以前このブログは突然PC表示だけグッチャグチャになった事があります。

具体的に言うと,記事内の本文が7割くらい無くなったり,関係無い写真が表示されたり,設定した事ない謎のサイケデリックな色合いになったり…。

その時もそんな症状の解決方法はネット上にひとつも無かったのでかなり苦戦しました。

そしてあらゆる事を試した結果,ブログテーマが原因だったのであります。

今私が使っているこのテーマ以外のテーマに変えると完全復活を見せたわけです。

しかしそれでは今まで作ってきたこのイケてるデザインが水の泡になってしまうので,また元に戻したところ再び同じ状態に。

一度テーマを削除して再インストールしてもダメ。

そしてその時なんとなく広告を非表示にして,もう一度テーマをインストールしなおしたらなんと復活したのであります。

つまり当時の不具合はアドセンスを貼った状態でのテーマインストール時に起きたものだったのであります。

そして今回は広告が表示されない問題。

またテーマと広告が喧嘩している可能性は有り有りの有りです。

6. 他国で表示されているかどうか確認

この時私はアメリカにいましたので,世界中にいる友人に見てもらいました。

もし,他国で表示出来ていればその国のその場所のネットワークが原因だし,

他国でも同じであったら原因は別に有りますね。

原因を絞る確認作業で有ります。

7. SNS同期解除

上記の考えられる原因により,一旦インスタとツイッターのリンクを外してみました。

まあもともと検索流入が90%のブログなので考え難い事ではありますがものは試しです。

8. あえての広告非表示

頑固親父のGoogleおじさんから

“お前みたいな誰のためにもならないしょうもないブログやってる奴に広告つけさすかよ!身の丈にあった運営せえ!それかもっといい情報書けよ!”

という超スパルタ教育を肌で感じたので,

おしんぽこ
おしんぽこ
す!スンマヘン!

と言う反省の意味を込めて,謹慎するかのように広告を全部外してみました。

残ったのは虚無感。

おしんぽこ
おしんぽこ
あっでもこれじゃ万が一再開された時に気づかないや

と思って4日くらい様子を見て広告を貼り直しました。

9. Ads.txt テキストファイルを削除&再追加

アドセンスのページにこの▲警告文が表示されている人,すっごい多いかと思います。

私も今年の3月くらいから何度コードを貼ってもずっと表示されたままだったんです。

Googleのヘルプセンターによると,別に対策しなくても良さそうなのでずっと放っていたんですが,最近そのコードが警告文の下からダウンロード出来る様になりました。

おしんぽこ
おしんぽこ
もしかしてこれは今まで自分で打ち込んだコードと違うヤツなのでは?

と思い,改めてコードを貼り直しました。

XSERVERのWebFTPから追加すると超簡単です。

ログイン▶︎インフォパネル▶︎ファイル管理▶︎Ads.txtを追加したいドメインを選択▶︎public html

まで進めます。

ファイルを選択を押し,ダウンロードしたads.txtと言う名前のテキストファイルを選択しアップロード。

▼このように追加されれば完了です。

Ads.txtが広告が消えた事に直接関連するとはこの時は思えませんでしたが,ものは試しです。

10. 良くなさそうなワード入りの記事を編集&広告非表示

やっぱり厳格なGoogle親父は見てます。

不適切な表現にはめっちゃ厳しいのです。

と言う事で本来アホな旅行記を書きまくってる私のブログにはそう言うワードが多少なり入っているのであります。

まさか自分のブログ内で,エロワードや良くない言葉を検索するとは思いもしませんでしたが,

おしんぽこ
おしんぽこ
えっ?私こんな事書いてたっけ…

と思うような記事がじゃんじゃん出てきたので,ちょいちょい編集してみました。

加えて,

“この記事はどうしてもこの言葉使いたい!”

と思った数記事には広告非表示を設定しました。

おしんぽこ
おしんぽこ
初期に書いた話を読み直して意外に楽しい作業であります

11. 人生を見つめ直し,祈る

もうこれ以上やれることは見つかりません。

私は自分のブログは創造物だと思っています。

あとはもう私の生き様が作品に現れるので,ポジティブな結果を望むのであれば自分の人生を見つめ直し,神(Google)に祈るしかないのです。

奇跡の復活劇。結局原因は?

Ads.txt説が濃厚

Ads.txtを貼り直した次の日,正確には7時間後。

まず私はアドセンスホームの通知センターで▼これに気付きました。

おしんぽこ
おしんぽこ
済みだと!?

ピンクの警告文も綺麗さっぱり無くなっていたのです!

さらに!

さらに!

さらに!

サイトを見てみると広告が表示されているではありませんか!

おしんぽこ
おしんぽこ
やった〜!

時間が解決してくれる説

“なにもしなくても復活したよ!ただの不具合だから気にすんな!”

これは英語で検索をかけた時に見つけたコメントです。

しかし5月に広告が消えてまだ戻らない人もいるので,一概には言えません。

ただ私がやった事も別に特別な事では無いので,もし何もしなくても戻って来てくれるのであれば気が楽だなあと思いました。

なので,広告は必ず戻ってくると信じ,いつも通りのモチベーションでパチパチとキーボード打ち続けていた方が良いでしょう。

これは修行であり試練

広告が再表示されるまで2週間。

そりゃあもうグレましたよ。

ツイッターでアドセンスやめる発言をした日もありました。

その間記事の更新も止まりました。

グレてA8のマッチングアプリのアフィリ広告でブログ中埋め尽くした夜もありました。

しかし,Google親父は良くも悪くも見てくれているのです!

人はこうやって強くなるのです。

今回の事で私はまたひとつ大人になったような気がしました。

おしんぽこ
おしんぽこ
実際もういい大人だけど