バックパッカー

【旅行記9】2ヶ国目!空港で超親日の人達に助けられ生き延びる【台湾①】

ついに語学学校を卒業してバギオを出ました。

クラーク国際空港と言う地方都市の駅くらいの小さな空港から台湾の台北桃園空港に到着しました。

さすがのこの私!

いきなりトラブル発生!

前回の話

【旅行記8】ついに語学学校卒業!しかしフィリピンに居座りすぎて重大なミスを犯す【フィリピン⑦】6週間の語学学校を終え、ついに本格的にバックパッカー旅行が始まります。 しかし私はこっそり隠れて学生寮の中でダラダラと生活していました...

おしんぽこ財布を落とす

ATMと台湾ギャル

空港に着き、入国審査も終え無事入国しました。

やっと旅人感というか、バックパッカーやってんな~!という実感が出て来て、この時は気分がとても良かったんです。

おしんぽこ
おしんぽこ
まずはお金調達やね!

ATMに向かいました。

すると漢字ばっかりで意味不明なんすね。

もちろん英語も書いてありますが、

Cash outCashingWithdrawDrawing notes など国やマシンによって表記が違うし、アカウントもSavingCheckingCredit…

おしんぽこ
おしんぽこ
え~フィリピンと違うやん!

当たり前やん

そこで近くにいた英語が出来そうな台湾人ギャルに使い方を聞いてみました。(ナンパじゃないです。ほんとです。)

すると快く教えてくれて、すんなり5000元(2万円ないくらい)おろせました!

しかも!その後ちょっとお話したりなんかして!(ナンパじゃないです。ほんとです。)

そして調子に乗って

おしんぽこ
おしんぽこ
Thank you!しぇいしぇい!

などとしょうもない感じで感謝の言葉を伝え、バスターミナルに向かいました。

あれ財布ない

その後ふと気付来ました。

ギャルと話す事に夢中で、おろした台湾マネーをまだポケットに入れたままだったんです。

おしんぽこ
おしんぽこ

お~これはいかん!バックパッカーたるものお金の管理はちゃんとせないかんよね!

意識高くなりつつある系パッカーだった私は財布を探します。

おしんぽこ
おしんぽこ
あれ~……?どこしまったっけ。あれおかしいな


分かりますかこの感じ。ものっすごい嫌な感じ。

絶対どっかにしまったはずなのに、なんか見つからん感じ。

これは俗に言う

やらかしたかも感ですね。

似た感覚で言うと、仕事が休みの日の朝にふと目覚めて時計見た時に

おしんぽこ
おしんぽこ
やべ遅刻やんやらかした

ってなった時のあの感じ。

でもね、だいたいあるんですよねこういう時。だいたい大丈夫なんですよ。

仕事もね、そういう時だいたい休みなんすよ。

でも今回は大丈夫じゃない方のやつだったんです。


結局ポケットやバックパック、どこ探しても無いんです。

私はこの時、マジで帰国を覚悟しました。

そして台湾ギャルを探しました。

なんかのタイミングで彼女が盗んだと疑うというよりは、財布見てないか聞きに行こうと。

(疑ってない時点で台湾ギャルに好意を持っているお恥ずかしい私)

親日な台湾人のおかげで助かる

日本語激うまインフォメーションセンター

結局財布もギャルも見つからず、ダメ元でインフォメーションセンターへ。

おしんぽこ
おしんぽこ

財布落としたんやけど届いてませんかね?

と英語で聞いてみると、

メンタリストDAIGOみたいな兄さん

インフォメーションセンターの人
インフォメーションセンターの人

あ~きた!良かった~。日本の人ですよね?名前と財布の色と中身教えて?覚えてるだけでいいから。

と、タメ口混じりの流暢な日本語で受け付けてくれました。

おしんぽこ
おしんぽこ
うわっもうその感じ絶対届いてるやん!

と嬉しさを隠しつつ、財布情報を伝えると

うん、届いてる。警察署にあるから行って!良かったね!

ととっても親切な人でした。

茶出して迎えてくれる警察署

台北の空港では警察署が別の建物にあり、少々距離があります。

なので早く財布を受け取りに行きたいのですが、

まだ断捨離を行う前の私の荷物がかなり重くて、体力の限界を迎えました。

ただでさえ朝フィリピンのバギオから移動しっぱなしなのに、フィリピンで荷物が増えた約15kgほどのバックパックと5kgのサブバッグを身につけたまま財布と台湾ギャルを探しまくったので、もう歩く事が困難になっています。

一度荷物を降ろして休み、そしてなんとか警察署に到着。

恐る恐る中に入ってみると入口の近くにいた男が、

警察
警察
お~きたきた!お~いみんな~!来たぞ~!!

といった感じでなぜかスタッフみんなを集め私を囲みます。

6人くらいいました。

そしてただ落し物を取りに来ただけだったのに、座らされ、茶を出され、お菓子をもらいトークが始まるんです。

とにかく名物所長みたいなおっさんが面白くて、約10分ほどなんでもない話をしました。

そしてやっと財布の本人確認が始まります。

もう名物所長の真後ろの机の上にあるの見えちゃってるんですけどね。

不思議に思っていたのが6人全員がニヤニヤクスクス笑っているんです。

私が警察署に現れる前に中身を見たらしく、どうやら免許証に笑いのツボがあったみたいです。

なぜならもともとロックンローラーだった私は山下達郎ばりのロン毛だったのです。もちろん免許証も肩までのロン毛。

所長なんかは免許証と私を見比べながら完全に笑ってました。

この時ほどロン毛で良かったと思った事はありません。

そして受け取りのサインをして、今一度バスターミナルに向かったのでした。

空港を出たのは22

財布を落としたことによってかなり遅い時間になってしまいました。

今思えば国際空港だしベンチで寝ちゃえば良かったなと思います。

しかし財布を見つけた感動と

帰国せずに済んだ事が嬉しすぎて

全くその発想はなく、台北の中心部に行くバスに乗るのでした。

バスから外の景色を見ていると、少しずつ都会の灯りが近づいて来ます。

同じ海外でも

台湾はやっぱりフィリピンとは全く違うなぁ~

と当たり前の事を考えながら日記帳に鉛筆で日記を書きました。

そのボロい日記を見ながら5年後の今ブログを書いてますが、

今でも台湾は最高だったなぁ

としみじみ思います。


次回↓

【旅行記10】無計画男炸裂!駅前で野宿を決意するが思わぬ方向へ?【台湾②】空港で財布を落とし、2カ国目にしてバックパッカー終了のお知らせかと思いきや奇跡的に財布は戻って来ました。 噂には聞いていましたがここま...
読んでくれてありがとう

 

おじさん
おじさん
今回の話は面白かった?

もうひと記事読んでいきなよ

おしんぽこ
おしんぽこ
…誰!?
RELATED POST